コラム

おでこ脱毛とは?効果や痛み、料金について

おでこ脱毛とは?効果や痛み、料金について

意外と気になる顔のムダ毛。体のムダ毛とは違って近づいてよく見ないとわからないという方も多い一方、実は顔の産毛を脱毛すると顔色が明るく見えたり、メイクのノリが良くなったりというメリットがあります。
今回は、顔のなかでも面積が広いおでこ(額)の脱毛について、その効果や痛みの度合いなど気になるポイントを見てみましょう。

おでこ(額)脱毛とは?

おでこ(額)は、髪型によってはとても人の目につく場所と言えます。そのため、おでこの産毛が濃い人は脱毛をしてきれいにしておきたいと思うでしょう。
また、おでこ全体に生えている産毛だけでなく、髪の生え際を含めて脱毛する人も少なくありません。前髪をかきあげたときなど、ふとした時に見えるおでこをきれいに見せたいというとき、前髪の生え際を脱毛してきれいに整えるということです。

前髪の生え際の産毛が目立ち、うまく髪をかきあげられない・前髪を分けることができないという方にとって、産毛をきれいにできるおでこ(額)脱毛はとても魅力的。
さらに、おでこ全体の産毛を脱毛することで肌色がワントーン上がるだけでなく、メイクのノリも良くなるでしょう。このように、おでこ脱毛にはさまざまなメリットがあります。

おでこ脱毛は痛い?

おでこは顔の中でも皮膚が薄い部分のため、脱毛時の痛みを感じやすいといいます。ですが、個人差があることや、使われている脱毛器の違いなどで痛みのレベルは大きく異なります。
痛みに弱い方や痛みが怖いという方は、まず事前のカウンセリング時にしっかりそのことを伝え、脱毛器の照射パワーを小さくしてもらうなどの方法で施術を受けると良いでしょう。

ただ、おでこの産毛は細く、ワキのムダ毛や足の毛などに比べると色が薄い傾向にあります。脱毛サロンで使われている脱毛器は毛の黒い色に反応する光のため痛みを感じにくいと言いますが、そのぶん脱毛器の出力を上げているところが多いため、痛みを感じやすくなることもあります。
脱毛を行う回数を多くするか、脱毛器の出力を調整してもらうなどして、適切なおでこ脱毛を受けましょう。

おでこ脱毛に必要な回数は?

おでこ脱毛では、多くの場合1~2か月に一度施術を受けるよう設定されています。その効果には個人差があるものの、6回~12回をかけて脱毛を行うのが一般的です。

はやくおでこの脱毛を終わらせたい方は、より短いスパンで施術してくれるサロンを探すといいでしょう。2週間あけて施術してくれるサロンもあります。

全身や全顔とともに脱毛する人は、他の脱毛箇所と併せて脱毛をすれば、適切なタイミングで施術を受けられるでしょう。

あとどれくらい脱毛をした方が良いのかは、おでこのムダ毛のようすを見ながらサロンのスタッフと相談してみるのもおすすめです。個人差はありますが、早く脱毛効果を得られる場合は回数を少なくしてみても良いでしょう。

おでこ脱毛はメイクに影響する?

おでこの脱毛を行う際には、できるだけメイクをしないように気を付けましょう。
おでこ脱毛を行う当日はメイクをしてサロンに行っても良いのですが、施術直前にパウダールームでメイクを落とします。ほとんどのサロンでメイク落としが用意されているので、自分で用意しなければならないということはありません。
ただ、まつ毛エクステをしていて、特定のメイク落とししか使えないという場合は自身で用意すると良いでしょう。

脱毛後はメイクをせずそのまま帰宅し、その後もできるだけメイクをしないように心がけることが大切です。
脱毛の施術を受けた直後の肌はデリケートで、特におでこは肌が薄いためダメージを受けているからです。

おでこ脱毛の準備やアフターケアは?

おでこ脱毛の準備やアフターケアは?

おでこ脱毛を行う際の準備として、シェービングを行っておく必要があります。利用するサロンによってシェービングを行う日は異なりますが、多くの場合は脱毛を受ける日の前日、もしくは2~3日前と指定されますので、その日に必ずシェービングを行いましょう。

シェービングをしてあらかじめ長い毛をカットしておくことで、施術を受ける毛の長さをそろえることができ、脱毛器の光をまんべんなく照射できます。ムラなく脱毛器の光を受けるためにも、決められたタイミングでしっかりとシェービングを行いましょう。

また、脱毛後は肌に熱がこもっているため、中にはやけどをしたような状態になったり、皮膚が荒れたりすることがあります。こうした脱毛後の肌トラブルをできるだけ防ぐためにも、施術後はアフターケアを念入りに行いましょう。
基本は保湿ですが、肌がヒリヒリしていれば冷やしてクールダウンさせることも大切です。その際にはメイクをしないように気を付けなくてはなりません。特にベースメイクはクマや大きなシミを隠すのみで、おでこにはファンデーション等を塗らないようにした方がベター。保湿を重点的に行い、肌をしっかりケアしてあげましょう。
おでこ脱毛後は、できるだけ刺激を与えずに優しくケアを行うことが大切です。

自己処理より脱毛サロンがおすすめ

おでこ脱毛を行うのであれば、自己処理よりもプロのいる脱毛サロンにお任せすることをおすすめします。
おでこはムダ毛が細くやわらかいため目立ちにくいのですが、髪の毛も近い位置にあるため毛穴が目立ちやすい場所です。また、広範囲を一気に処理できるカミソリがよく使われていますが、万が一使い方を誤ってしまったときは前髪の生え際の形が崩れてしまうことも考えられます。

また、おでこ脱毛を自己処理で行うと、必要以上に毛穴を広げてしまうほか、皮膚表面を傷つけてしまう可能性もあります。つるつるで清潔感のあるおでこを実現するなら、肌トラブルの多い自己処理は避けた方が良いでしょう。特におでこにニキビができやすい方はカミソリや毛抜きを使った自己処理は避けたいところ。
さらなる肌トラブルを招くようなことにならないよう、おでこ脱毛を行うのであればやはりプロを頼るのがおすすめです。

無料カウンセリングはコチラから

おでこ脱毛の料金

おでこ脱毛は多くの脱毛サロンで気軽に行うことができ、料金は都度払いというところも少なくありません。その場合は2,000円~3,000円ほどが相場で、回数を増やしてコース契約を行えば、数回のコースで1万円に満たないくらいの料金も見られます。
腕や足に比べて脱毛範囲が比較的狭いこと、照射にかかる時間が短くて済むことなどが、料金の安さにつながっているようです。

できるだけおでこ脱毛を安く済ませたいという方も多いのですが、やはり痛みができるだけ小さく、きれいな生え際・おでこを実現してくれるような、腕のあるスタッフがいるサロンをおすすめします。
料金のみで選ぶのではなく、口コミなどサロンの評判も併せてチェックすると、失敗が少ないと言えるでしょう。

まとめ

あまり行っている人がいないというイメージをもつおでこ脱毛ですが、つるつる・すべすべのおでこは清潔感を強く与えられるというメリットがあります。自己処理ではなくサロンに任せれば、毛穴詰まりの解消にもつながり、おでこにできやすいニキビを防ぐことに。
おでこの毛は薄く細い毛のため、効果が実感できるまで少し時間がかかってしまうかもしれませんが、脱毛の回数を重ねていくうちにムダ毛が抜け落ちていくため、様子を見ながらサロンで相談してみると良いでしょう。

前髪をかきあげたような髪型にしたいという方、イメージチェンジでおでこを見せるような髪型にする方、ぜひおでこ脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン