コラム

もみあげ・フェイスライン脱毛とは?効果や痛み、料金について

もみあげ・フェイスライン脱毛とは?効果や痛み、料金について

自分ではなかなか処理しづらいのが「もみあげ・フェイスライン」の脱毛です。
脱毛サロンで脱毛するとどれくらいの痛みがあるのか、その効果や料金など、もみあげ・フェイスライン脱毛の気になる点について詳しく見てみましょう。

もみあげ・フェイスライン脱毛とは?

もみあげ・フェイスライン脱毛は、もみあげからあごにかけた顔の周囲の脱毛を行うことで、男女問わずしっかりと処理をしておきたい部分です。
特にもみあげは男性がムダ毛処理をするイメージが強いかもしれませんが、女性でもきれいに脱毛をして処理しておくことで、きれいな見た目を手に入れられます。

もみあげ・フェイスライン脱毛のメリットとしては前述のとおり見た目がきれいになるだけでなく、人の目につきやすい部分のムダ毛をなくすことで顔色が明るく見えることや、清潔感を演出できる点も挙げられます。
「脱毛」と言えば腕やワキというイメージがありますが、もみあげ・フェイスラインのようなうっかりしやすい部分もきちんと脱毛しておくことで、男性なら清潔感を得られますし、女性ならメイクのノリが良い肌を手に入れられるでしょう。

もみあげ・フェイスライン脱毛のメリット

もみあげ・フェイスライン脱毛は、男女問わずさまざまなメリットがあります。
脱毛できれいな肌を手に入れられるのはもちろんですが、ムダ毛がなくなることでもみあげ・フェイスライン脱毛を行うデメリットを上回るメリットが得られます。

それでは、次からもみあげ・フェイスライン脱毛を行うことで得られる具体的なメリットをご紹介しましょう。

ムダ毛の処理が不要になる

もみあげ・フェイスライン脱毛を行うにあたり、特にメリットが大きいのは女性です。
顔(フェイスライン)にびっしりと生えている産毛をきれいにすることができます。そのため、顔色がワントーン明るくなったように見えるほか、ファンデーションなどベースメイクをする際にもちが良くなる、メイクのノリが良くなるというメリットも。

また、もみあげ・フェイスライン脱毛は自分で処理をするのは難しい場所。
特にフェイスラインはカミソリを使うと危険なこと、毛抜きを使うのは難しく、産毛を処理しきれないことなど、自己処理がしづらくストレスが溜まります。
しかし、もみあげ・フェイスライン脱毛を受けておけば自分でムダ毛の処理をしなくて済むことや、次のムダ毛が生えづらくなるというメリットもあります。

もみあげ・フェイスラインを清潔に保てる

もみあげ・フェイスライン脱毛を行うと、その部分のムダ毛がなくなる・次のムダ毛が生えにくくなります。
通常のフェイスラインはびっしりと細かな産毛が生えていますが、脱毛をするとつるつるの肌になり、清潔に保てます。

暑い季節になると汗がしたたってしまうもみあげ・フェイスラインですが、すぐに汗をふきとることができるほか、サロンでの脱毛なら毛穴を無理に広げる自己処理と違い、肌トラブルも起きづらく、きれいなもみあげ・フェイスラインをキープできるでしょう。

もみあげ・フェイスライン脱毛は髪の毛の生え際まで

もみあげ・フェイスライン脱毛で難しいのは、どのあたりまでを脱毛するかということです。
きれいな肌を手に入れたいのはもちろんですが、もみあげやフェイスラインは人目につく場所のため、あまり脱毛をし過ぎてしまうと不自然に見えるデメリットがあります。

そのため、もみあげ・フェイスライン脱毛を行う前には脱毛サロンのカウンセリング等でしっかりと希望の形を伝えることが重要です。
初めての脱毛でわからないという場合でも、脱毛サロンのスタッフにその旨を伝えて相談すると良いでしょう。

もみあげ・フェイスライン脱毛は髪の毛の生え際までにして、髪の毛を耳にかけたときなどに自然に見えるような仕上がりを目指しましょう。ただし、髪の毛の部分は脱毛できないので、どこまで施術ができるかは、スタッフの方の判断にお任せしましょう。

もみあげ・フェイスライン脱毛は痛い?

もみあげ・フェイスライン脱毛は顔のため、痛みを感じやすい方も少なくありません。
ワキのムダ毛と違って毛が細く薄いため、脱毛に使う機械の出力を上げなくてはならない場合もあり、その際には痛み(熱さ)を強く感じることもあります。

ですが、痛みに弱いという方はカウンセリング時やパッチテストの時などにしっかりとそのことを伝えておけば、しっかりとクーリングしながら処理をしてくれたり、アフターケアを念入りに行ってくれたりします。
脱毛器の出力はスタッフが調整してくれるため、脱毛中の痛みが強いという場合には決して我慢せず伝えましょう。

脱毛サロンによっては痛みを感じにくいタイプの新しい脱毛器が使われていることも多く、あまり強く不安に思うことはありません。

もみあげ・フェイスライン脱毛に必要な回数は?

もみあげ・フェイスライン脱毛の準備やアフターケアは?

もみあげ・フェイスライン脱毛に必要な回数は人それぞれですが、6回前後のプランを組んで施術を受けることが多いと言われています。
人によっては6回程度でやっと効果があらわれてきたという方もいれば、6回でじゅうぶんという方もいます。そのため、もみあげ・フェイスライン脱毛に必要な回数は一概に何回とは言えません。

ただ、多くの脱毛サロンでは6回前後のプランが用意されていることが多く、続けやすい回数のため初めての方にもおすすめです。脱毛効果は脱毛器の機種や毛質によっても異なるので、5~6回の施術で満足する方もいます。

もみあげ・フェイスライン脱毛の準備やアフターケアは?

もみあげ・フェイスライン脱毛を受ける前の準備は、自分であらかじめ施術を受ける部分のシェービングを行うことと、しっかり保湿を行っておくことです。
脱毛サロンに行く前日までにシェービングをしておき、施術当日はしっかりと機械が当たるようにしておかなくてはなりません。ただ、もみあげ・フェイスラインは自分では見えづらいため、シェービングはできる範囲で行いましょう。

また、シェービングを行ったあとの肌はカミソリで傷んでいることがあるため、化粧水などのスキンケアアイテムを使って必ず保湿をしましょう。
前日までにしっかりと肌の状態を整えたら、施術当日は何もつけずに脱毛を受けます。

そして、もみあげ・フェイスライン脱毛を受けたあとは、肌への負担を抑えるためにメイクをせず帰宅します。
脱毛をした肌はデリケートな状態になっているため、念入りに保湿をすることが大切です。

自己処理より脱毛サロンがおすすめ

もみあげ・フェイスライン脱毛は、うなじや背中と違って自分でもできると感じるのではないでしょうか。
しかし、実際にもみあげやフェイスラインのムダ毛を自己処理しようとすると、かなり難しいことがわかります。鏡で見えている部分は良いものの、あごから耳下にかけたフェイスラインの外側は見えづらく、カミソリを使うのは危険です。
もちろん、毛抜きを使って1本1本ムダ毛を処理するのは至難の業。

また、カミソリや毛抜きを使って自己処理をすると、肌を傷めてしまいます。
さらに、傷ついた肌が再生する際に、再び生えてきたムダ毛を毛穴の中に閉じ込めてしまう、いわゆる「埋没毛」を作ってしまう可能性もあります。
他にも、雑菌が毛穴に入り込んで炎症を起こしてしまうなどさまざまな肌トラブルが発生する可能性があるため、リスクの高い自己処理より脱毛サロンでの施術がおすすめです。

もみあげ・フェイスライン脱毛の料金

もみあげやフェイスライン脱毛を行う際の料金はサロンによって大きく異なります。
単発でその都度料金を支払って施術が受けられるところ、6回や12回などセットになったプランで施術を受けるところなど、サロンによって料金体系がさまざまだからです。

ワキや手足などの全身脱毛のプランにもみあげ・フェイスライン脱毛も含まれている場合、もみあげ・フェイスラインのみの脱毛を受けるよりもお得な料金で施術を受けられることが多いでしょう。
ただ、もみあげ・フェイスラインは小さな範囲の脱毛のため、多くのサロンで料金も割安です。

まとめ

意外と見落としがちな、もみあげ・フェイスラインの脱毛ですが、男女問わずきれいにしておきたいところ。
特に女性はアップヘアにした際や髪の毛を耳に欠けた際に目立つほか、メイクのノリが違うこと、顔色がワントーンアップすることなど、多くのメリットが得られるため、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングはコチラから

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン