コラム

頬(ほほ)脱毛とは?効果や痛み、料金について

頬(ほほ)脱毛とは?効果や痛み、料金について

顔の中でももっとも面積が広い頬(ほほ)。
頬をよく見てみると、まるで桃の表面のようにびっしりと細かな産毛が生えているのがわかります。体のムダ毛とは違って、頬の産毛はあまり目立ちません。しかし、これだけ多くの産毛が生えているということは、肌の触り心地や毛穴のトラブル、女性であればメイクの仕上がりにも大きく影響してきます。

頬の産毛を脱毛することにどのようなメリットがあるのか、具体的な痛みの感じ方や気になる料金体系など、詳しく見てみましょう。

無料カウンセリングはコチラから

頬(ほほ)脱毛とは?

頬(ほほ)は、顔の中でも特に目立つ部分です。ニキビができても隠しづらく、痕になりやすいと言われています。そんな頬には多くの産毛が生えており、自己処理をしている方も少なくありません。
ただ、自己処理をすると肌や毛穴を傷つけてしまう可能性があるため、できるだけプロに任せた方が良いと言えるでしょう。

頬の脱毛を行うと、産毛がなくなって肌がワントーン明るく見えるようになります。それだけでなく、女性であればメイクのノリが良くなるため、ベースメイクがスムーズに。男性の場合は女性に比べて頬の産毛が目立ちやすいため、脱毛を行って産毛がなくなると毛穴が引き締まるというメリットもあります。
このように、体のムダ毛と違って頬の産毛は男女問わず需要が高い脱毛だと言えるでしょう。

頬(ほほ)脱毛は痛い?

頬(ほほ)は顔の中でも比較的皮膚が薄い部分のため、人によっては痛みを強く感じることがあります。しかし、鼻下やあごに比べると痛みを感じにくいとも言われており、その程度は輪ゴムで軽く肌をはじいた程度と言われます。

脱毛サロンによっては、痛みをできるだけ感じにくいようにするため冷却を行いながら施術を進めてくれたり、機械の出力を下げて少しずつ施術してくれたりするところも多いので、痛みに弱い方・不安が強い方はまずカウンセリング時に相談してみると良いでしょう。

ワキや足のムダ毛のように、太い毛を脱毛するわけではないので痛みを感じにくいとは言われますが、その分しっかりと機械に反応するように機械のパワーを強くして施術が行われる場合があります。
あまり強いパワーで脱毛をすると肌へのダメージも大きくなってしまうため、その場合は我慢せずスタッフに伝えると良いでしょう。

頬(ほほ)脱毛に必要な回数は?

頬の産毛は、1~2回の脱毛では高い効果があるとは言えません。個人差はあるものの、最低でも6回は通った方が効果を期待できるようです。
頬の産毛はとても細く、色も体のムダ毛に比べて茶色っぽい薄い色をしています。そもそも脱毛に使われる機械は、毛の黒色に反応して熱を与える仕組みになっているため、色素の薄い産毛はこの機械に反応しづらいと言えるでしょう。
つまり、より効果を得たい場合には、頬の産毛がしっかりと抜け落ちるまで複数回脱毛に通う必要があるということです。

多くの脱毛サロンでは、6回・12回・18回などのパックプランを用意しており、頬のみの脱毛はもちろん、頬を含む顔全体の脱毛を含めたプランなども利用できます。
お試しということで単発の脱毛を受けることもできますが、1回あたりの料金がより安くなる6回・12回・18回のプランを利用すると、より頬の脱毛効果が得られるでしょう。

頬(ほほ)脱毛はメイクに影響する?

頬(ほほ)脱毛は、メイクのノリを良くしたいと思って施術を受ける方が多く見られます。頬の産毛を取り、ファンデーションのノリを良くしたいという場合、できるだけ施術当日から数日はメイクを行わないようにしましょう。

頬の産毛は細く、脱毛器の影響を受けづらいとは言え、肌には熱によるダメージが伝わっていることがあります。イメージとしては日焼けをしているような状況で、人によっては火傷を負ったようなヒリヒリとした痛みを感じたり、水ぶくれができたりする方もいるほどです。
そんな状態の肌にメイクをすると、肌にとっても負担がかかるほか、毛穴にファンデーションなどが詰まってしまうおそれがあります。
脱毛を受けた当日はメイクをせずそのまま帰宅し、痛みや赤みが引くまではしばらくの間メイクを行わないように心がけましょう。

頬(ほほ)脱毛の準備やアフターケアは?

頬(ほほ)脱毛の準備やアフターケアは?

脱毛を受ける際に行っておくのが「シェービング」です。
事前に自分自身で脱毛箇所のお手入れをしておき、脱毛当日は短くなったムダ毛を機械で処理していきます。その理由としては、ムダ毛が長いと肌へのダメージが大きくなるおそれがあるからです。
多くの脱毛サロンでは、シェービングを自身で行うようにと指示されますが、もし大きく剃り残したり忘れていた場合には、追加料金がかかることもあるため注意しましょう。
なお、顔のシェービングは、国家資格が必要であるため、一般の脱毛サロンでは実施されません。

また、頬は体と違って服で隠すことが難しい場所です。脱毛を受けた後は肌がとてもデリケートな状態になっているため、しっかりと保湿・冷却をしてケアをしなくてはなりません。
サロンでの施術時、肌へのダメージを最小限にするため冷却を行いながら機械を使うところもありますが、さらにアフターケアをしておく必要があります。肌への刺激が少ないタイプの化粧水を使い、ヒリヒリとした痛みを感じたり、赤みがなかなか引かなかったりする場合はじゅうぶんに冷やしましょう。
施術翌日から翌々日くらいはより重点的なケアを行い、肌の状態を整えることをおすすめします。

自己処理より脱毛サロンがおすすめ

頬は自分でムダ毛処理ができる場所です。面積が広いため、カミソリを使って処理をすることが多いのですが、やはりこうした自己処理を行うのはリスクが高いため、脱毛サロンでプロに脱毛をしてもらうことをおすすめします。

カミソリを使った自己処理の場合、ムダ毛を剃り落とすのはもちろんのこと、一緒に肌表面の角質まで傷つけてしまうおそれがあります。これは肌荒れの原因になってしまうため、できるだけ避けたいところ。
同じように、毛抜きを使った自己処理も、無理やり毛穴を広げるやり方なのでおすすめできません。無理やり毛を抜くと毛穴に雑菌が入って炎症を起こしやすくなるため、こうした肌トラブルを避けるためにもやはり脱毛サロンで施術を受けましょう。

無料カウンセリングはコチラから

頬(ほほ)脱毛の料金

頬(ほほ)脱毛は、多くの脱毛サロンで5~6回の複数回プランが3万円前後になっています。利用する脱毛サロンによってこのプランや金額は前後しますが、まずはカウンセリングを受けて、何回程度施術を受けたら良いか、具体的な料金がいくらになるかを相談してみると良いでしょう。

また、頬脱毛は顔全体の脱毛を受ける際に必ずセットになっています。頬のみを受ける場合よりも、顔全体の脱毛で一緒に頬も施術してもらう方がお得になる場合が多いため、頬やおでこ、あごなど他のパーツも共に脱毛を行うと良いでしょう。
頬は左右両側の施術になるため、鼻やあごなどに比べると施術に時間がかかります。毛が生え替わる周期に合わせて施術を行うとスムーズに頬脱毛ができるため、複数回のプラン利用がおすすめです。

まとめ

頬(ほほ)脱毛は、男女問わず多くの方がきれいな肌を手に入れるために行っている脱毛です。
注意点としては、ニキビや濃いシミがある場合は肌へのダメージが大きくなってしまうため、施術が受けられない可能性があります。できるだけ肌の状態を整えてから、相談してみると良いでしょう。

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン