脱毛コラム

脱毛の種類には何がある?効果や費用について徹底比較

脱毛の種類には何がある?効果や費用について徹底比較

ひとくちに脱毛とは言っても、さまざまな種類があるのをご存知でしょうか。脱毛サロンで気軽に受けられる脱毛、医療機関で施術を受ける脱毛をはじめ、それぞれの場所で受けられる脱毛によって使われている脱毛器の種類にも違いがあります。

そこで今回は、脱毛の種類について各脱毛の施術を受けた際の効果や費用について比較してみましょう。これから脱毛を考えているという人や、脱毛を受けたいけどどこで脱毛を受ければ良いのか迷っているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛方法の種類

脱毛には、先ほどもありましたように施術を受ける場所や脱毛器の違いなどさまざまな種類が存在しています。

脱毛サロンで受けられる「光脱毛」をはじめ、クリニックなどの医療機関で受けられる「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」があり、それぞれ効果やかかる費用が違っています。それぞれにメリットやデメリットがあるため、自分がどの場所を脱毛したいのか、予算や求める効果、痛みはできるだけ少ない方が良いなどの希望に合わせて選ぶと良いでしょう。

それぞれの脱毛方法の特徴を知っておけば、メリット・デメリットと自分の希望を照らし合わせた適切な脱毛を受けられます。

光脱毛

まずは「光脱毛」についてご紹介します。光脱毛とは「フラッシュ脱毛」とも呼ばれる脱毛方法で、その名前のとおり特殊な光を放つ機械を使うのが特徴です。皮膚科や美容クリニックなどの医療機関でなくても施術を受けることができ、気軽に通いやすいというメリットがあります。

光脱毛にはいくつかの種類があるため、それぞれの違いについて見てみましょう。

IPL脱毛

IPL脱毛とは、「インテンス・パルス・ライト脱毛」の略で、強い光を放って毛根や毛乳頭にダメージを与え、脱毛させるという仕組みです。毛乳頭とは毛が生えてくる部分のことで、毛を抜いたり剃ったりしても毛乳頭がある限り、毛は再び成長していきます。脱毛器から放たれる光はメラニン色素に反応し、毛乳頭を破壊するため、黒々とした太い毛であるほど効果が高まるのが特徴です。

IPL脱毛の光は広い範囲に照射できるため、スピーディーに脱毛の施術ができるのも大きなメリットです。痛みも医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べると少なく、脱毛の施術を受けたことがない人や、痛みに抵抗があるという人におすすめの方法です。

SSC脱毛

SSC脱毛とは、「スムース・スキン・コントロール脱毛」の略で、専用のジェルとライトを使って脱毛する方法を指します。毛が生えてくるのを抑える効果を持つビーンズジェルを肌に塗り、クリプトンライトと呼ばれる光を放つ脱毛器を使う施術です。

先ほどのIPL脱毛は太く黒々とした毛への効果が高い一方、産毛や細い毛、色素の薄い毛には効果が発揮できない場合があります。SSC脱毛は細い毛や薄い毛にも効果があらわれやすく、肌への負担が少ないというメリットが特徴です。

そのため、毛が細かったり薄かったりしてIPL脱毛であまり効果が得られなかった人や、肌への負担を気にしてなかなか脱毛の施術を受けられない人におすすめの方法です。

NPL脱毛

NPL脱毛とは、「ニュー・パルス・ライト脱毛」の略で、肌の「バルジ領域」と呼ばれる部分に働きかける光を使った脱毛方法です。バルジ領域は、毛が成長するために必要な細胞を作る働きがあります。この部分にダメージを与え、脱毛させる仕組みです。

NPL脱毛は弱いパワーの光を連続して当てるのが特徴で、温かさを感じる程度で痛みの心配もありません。肌へのダメージもほとんどなく、脱毛初心者の人でも安心して施術を受けられます。

従来の脱毛器のように単発で1ショットずつ照射するのではなく、広範囲にわたって機会をスライドさせながら一気に連射ができるため、とてもスムーズに脱毛の施術ができるのも大きなメリットです。また、毛が生えてくる周期を狙って脱毛を受ける必要もありません。

SHR脱毛

SHR脱毛とは、「スーパー・ヘア・リムーバブル脱毛」の略で、脱毛と同じくバルジ領域に働きかける光を使った脱毛方法で、「蓄熱式脱毛」とも呼ばれることもあります。産毛のような細い毛や薄い毛にも反応しやすく、毛質を問わずに脱毛の施術が受けられるため、多くの人に効果が得られやすいというメリットがあります。

現在肌表面に見える毛や生えてきている毛だけでなく、成長がストップしている毛にも働きかけるため、毛が生えてくる周期を気にせず脱毛の施術を受けられるのが特徴です。また、一般的な光脱毛の場合は日焼けをして肌が黒くなっていると脱毛を受けられませんが、SHR脱毛は肌色に関係なく施術を受けられます。従来の光脱毛で施術を受けられなかった人にとって、SHR脱毛は痛みもなく脱毛ができるため、大きなメリットと言えるでしょう。

光脱毛まとめ

光脱毛の違いについてご紹介しました。脱毛サロンによって導入されている脱毛器は違いますが、多くの場合痛みもほとんどなく、効果が得られやすい最新式の脱毛器を導入しているため安心して施術を受けられるでしょう。どの方法でもまとまった部分に光を照射できるため全身脱毛にも適していますし、特にバルジ領域を狙うSHR脱毛やNPL脱毛は連続して光を照射できるため、スムーズに施術が終わるのも特徴です。

通おうとしている脱毛サロンがどのような光脱毛の方法を取り入れているのか、カウンセリング時にチェックしてみると良いでしょう。

医療レーザー脱毛

次に、「医療レーザー脱毛」についてご紹介します。医療レーザー脱毛は、その名前のとおり医療機関で施術を受けられる脱毛です。先ほどご紹介しました光脱毛の機械に比べてパワーが強いレーザーを使うのが特徴で、光脱毛と比較した際にメリットもあるものの、痛みが強いなどのデメリットもあるため、どのような脱毛方法なのか正しく知っておきましょう。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーによる脱毛は、太くて濃い毛から産毛のような細い毛まで幅広く対応している、バランスの良い医療レーザー脱毛です。レーザーの照射範囲が比較的広く、スムーズに脱毛の施術を受けられます。また、医療レーザー脱毛の中でも比較的痛みが少ないのも大きなメリットになっています。痛みに弱い人や産毛までしっかり脱毛したい人におすすめです。次にご紹介するアレキサンドライトレーザーと同様に、広く用いられている医療レーザー脱毛と言えるでしょう。

アレキサンドライトレーザー

メラニン色素に反応しやすいという特徴をもつ、アレキサンドライトレーザーを使った脱毛方法です。毛の黒い色に反応しやすいのはもちろん、シミやそばかすにも反応しやすいため、脱毛とともに肌をきれいにしたいという人にもおすすめの脱毛方法です。濃い毛を早く脱毛したい人や脱毛だけでなく美肌も手に入れたい人におすすめです。ただし、肌がもともと黒い人や日焼けをしている人は施術を受けられませんので注意しましょう。

医療レーザー脱毛を行っているクリニックで、広く用いられているレーザーでもあります。

ヤグレーザー

肌深くまで届きやすいYAG(ヤグ)レーザーを使った脱毛方法です。ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーに比べてレーザーの波長が長く皮膚組織の奥で反応するため肌に直接的な影響を与えません。そのため、日焼けをした肌にも使えるというメリットがあります。また、肌の奥までレーザーが届きやすいため、根深く太い毛に対して効果が高いのも特徴です。

ただし、ヤグレーザーは脱毛の効果は高いものの、肌の奥までレーザーが届くため痛みを伴いやすく、肌トラブルが起こる可能性もあるのがデメリットです。

医療レーザーまとめ

医療レーザー脱毛も光脱毛と同様に、さまざまな種類があることがわかりました。医療機関で受けられるという安心感はあるものの、光脱毛に比べると痛みが強いため、痛みに抵抗がある人には向きません。また、方法によっては光脱毛と同様に何度も施術を受ける必要があることも覚えておきましょう。

電気脱毛(ニードル脱毛)

最後は、「電気脱毛(ニードル脱毛)」についてです。ニードルとは「針」を指しますが、脱毛用の特殊な針に電気を流し、毛穴に直接ダメージを与えて脱毛するという方法です。とても手間がかかる方法ですが、確実に脱毛効果が得られるため「永久脱毛」とも呼ばれています。

医療針脱毛

電気脱毛(ニードル脱毛)のうち、医療機関で受けられ、なおかつ永久脱毛となるのが「医療針脱毛」です。毛穴に直接針を挿し込んで電気を流し、毛を再生させるもととなる毛乳頭や毛包そのものを破壊する方法です。毛乳頭や毛包が破壊されるとその部分は二度と毛が生えてきたり成長したりすることはできないため、永久脱毛ができます。

そのぶん、毛穴のひとつひとつに針を挿し込んで施術をしなければならず、とても時間や手間がかかってしまうこと、麻酔は使えるものの光脱毛や医療レーザー脱毛に比べて痛みが強いなどのデメリットもあります。強い痛みや高額な費用がかかっても確実にムダ毛を処理したいという人は、唯一永久脱毛と言える医療針脱毛がおすすめです。

美容針脱毛

医療従事者でなければ扱えない医療針脱毛に対し、医療資格がない人でも施術可能なのが「美容針脱毛」です。基本的な仕組みは医療針脱毛と同じですが、美容針脱毛は高周波法(フラッシュ法)と呼ばれる方法で、電気を使う時間がもっとも短いため、電気脱毛(ニードル脱毛)の中でも痛みが少ないのがメリットです。

一方で、美容針脱毛は1本1本丁寧に施術をしないと効果が得られないため、結果は施術者の技量に左右されるとも言えるでしょう。細い毛や産毛なども施術できますが、毛周期に合わせ、成長期から毛が抜けかけるまでの退行期の期間に脱毛をする必要があり、何度も通わなければなりません。

脱毛の選び方

脱毛の選び方

光脱毛、医療レーザー脱毛、そして電気脱毛、3種類の脱毛についてご紹介しました。さまざまな脱毛方法があり、自分がどの脱毛を受ければ良いのかがわからないという人も少なくありません。そこで、自分に合ったベストな脱毛を受けるため、さまざまな観点から脱毛の選び方を考えてみましょう。

ポイントは料金・期間・効果

自分に合った脱毛を選ぶポイントは3つあります。

1つ目は「料金」です。学生や主婦など脱毛を受ける人はさまざまですが、あまり脱毛にお金をかけられないという人も多いのではないでしょうか。医療機関で施術をする医療レーザー脱毛や電気脱毛は効果が高いものの、病気やケガなどの治療ではないため、「自由診療」になります。すなわち、保険適用外で料金が高くなる傾向にあります。

2つ目は「期間」です。電気脱毛以外は複数回施術を受ける必要があり、その間は1か月に1回など定期的に通う必要があります。この期間があまりにも長いと通うのが面倒になってしまう可能性があるため、仕事や学校で忙しい人はできるだけ短期間で終わる方法が良いでしょう。複数回通う必要がある光脱毛でも、脱毛器によっては毛周期を気にせず短いスパンで施術が受けられます。

3つ目は「効果」です。永久脱毛と呼べる電気脱毛は言わずもがな効果がもっとも高いものの、痛みや料金の面でデメリットがあります。以前の光脱毛は効果が薄いと言われていましたが、SHR脱毛やNPL脱毛など新たな脱毛方法が登場しており、高い効果が得られるようになっています。

全身脱毛がおすすめ

脱毛を受けるのであれば、部分的に施術を受けるのでなく全身脱毛がおすすめです。その理由としては、「ひとまずワキだけ脱毛したい」と思ってワキ脱毛を受けても、その後別の場所も脱毛したくなることが多いからです。ワキの部分脱毛ではなく、あらかじめワキも含めて全身脱毛を受けると一気に施術を受けられるため、スムーズにムダ毛を処理できるというメリットがあります。

全身脱毛の場合、電気脱毛や医療レーザー脱毛は施術の時間がかかりやすいため、短時間で脱毛を終わらせたい人には向きません。光脱毛は広範囲を一気に照射できるため、全身脱毛に向いています。また、医療レーザー脱毛や電気脱毛に比べて痛みもほとんどなく、脱毛初心者の人にもおすすめです。

まとめ

脱毛には医療機関で受けられる医療レーザー脱毛や電気脱毛がありますが、痛みや料金などの不安が残る人も少なくありません。一方の光脱毛は料金もリーズナブルで通いやすく、1回ごとの施術時間が短いというメリットがあります。

肌トラブルが起こる心配も低い上に効果も高いため、どんな脱毛を受ければよいのか迷っている人にぴったりです。さまざまなリスク、メリット・デメリットを考えて脱毛を選ぶと良いでしょう。
※キレミカではTHR脱毛を導入しております。詳しくはカウンセリング時にご案内しております。

関連リンク
人気記事

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン