脱毛コラム

タトゥーがある部分にも脱毛はできる?危険性や代替手段を紹介

タトゥーがある部分にも脱毛はできる?危険性や代替手段を紹介

おしゃれなどの理由でタトゥー(刺青)を入れている人は、男女問わず多くいます。ワンポイントのものから、腕や足、背中一面に広がるような大きなデザインまでさまざまなタトゥーがあります。

ただ、タトゥーを入れていると困るのが「脱毛」です。温泉やプールの入場制限があるだけでなく、タトゥーを入れていると脱毛も思うようにできなくなってしまいます。そこで、タトゥーのある肌へ脱毛を行う危険性や、脱毛したいという人に向けた他の方法をご紹介します。

タトゥーがあっても脱毛はできる?

タトゥー(刺青)を入れていても脱毛をすることは可能ですが、タトゥー部分の脱毛はできません。タトゥーのある部分を避けて脱毛の施術を行います。

場合によっては脱毛ができないと断られるケースもあるため注意しましょう。脱毛サロンやクリニックによっては、運営上の方針でタトゥーがある人の脱毛そのものを受け付けていないということもあります。

行こうとしている脱毛サロンやクリニックが、タトゥーを入れている人の利用を禁止していないか、公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

タトゥー部分を脱毛できない理由

なぜタトゥーが入っている部分は脱毛できないのか、その理由はレーザーや光による脱毛をするとさまざまな肌トラブルの可能性があるからです。

タトゥーは、専用の針先につけたインクを皮膚に差し込みながら、模様や図を描くものです。絵柄や色味は人それぞれですが、基本的には長年経っても色が変化しづらい黒色でデザインを行います。この黒色のインクや、黒に近い色のインクを使ったタトゥーは脱毛器の光に反応しやすく、思わぬトラブルが起こる可能性があるため施術を受けられません。

火傷を引き起こす可能性が高い

脱毛器から放たれる光やレーザーは、ムダ毛の黒い色や、毛根のメラニンに反応します。毛や毛根が熱を持ち、自然と毛が抜け落ちていく仕組みです。タトゥーをしている部分に脱毛器を当ててしまうと、タトゥーのインクがメラニンと同じように反応してしまいます。

タトゥー部分が熱を持ち、火傷を引き起こしてしまう可能性があるため、脱毛はできません。たとえ、メラニンに反応しないタイプのレーザーを使っていたとしても、タトゥーが入っている部分は施術してもらうことはできません。

デザインや色味が変わってしまう恐れがある

タトゥー部分に脱毛器の光やレーザーが当たると、タトゥーのインクが変質して色が変わってしまう可能性があります。

さらに、タトゥー部分を脱毛するとやけどが起こる可能性があると言いましたが、その部分がかさぶたになってはがれたとき、タトゥーの部分も一緒にはがれ落ちてしまうかもしれません。かさぶたにならずミミズ腫れやケロイドのようになってしまえば、肌がボコボコとしてしまうため、デザインが変わってしまう可能性もあります。

タトゥーがあっても毛は生えてくる?

タトゥーを入れていても、事前に脱毛をしていない限りその部分から毛は生え続けてきます。タトゥーは、針にインクをつけて皮膚に差し込み、さまざまな絵柄を描いていきます。

皮膚はもっとも外側(表面)の表皮、真皮、皮下組織の3層からできており、タトゥーを入れる場所はこのうちの真皮で、毛が生えてくるのは皮下組織です。つまり、ムダ毛のほうがより深い場所から生えているため、その上からタトゥーを入れても毛が生えなくなることはありません。

脱毛器の光は毛を伝わって根本部分にまで作用するため、毛や毛根に熱をもたせて破壊することができます。通常であればこの仕組みで脱毛できますが、タトゥーが入っている場所は毛が生えてくるため、他の方法でムダ毛処理をしなければなりません。

タトゥー部分を脱毛する他の方法は?

タトゥーが入っている部分は光脱毛を受けることはできませんが、どうしてもムダ毛処理をしたい場合には、「ニードル脱毛」と「ブラジリアンワックス」、2種類の方法がおすすめです。自己処理の場合、カミソリや毛抜きを使う人も多くいるものの、肌への負担が大きいため避けましょう。

ニードル脱毛をする

「ニードル脱毛」とは、針(ニードル)を使った脱毛方法で、一度施術を行った部分からは毛が生えてこなくなるため、永久脱毛とも言える方法です。電流が流れる特殊な針を、毛穴ひとつひとつに差し込んで、毛包を破壊します。毛が生えてくる部分を壊してしまうため、そこからは二度と毛が生えてくることはなく、1回の施術で確実に脱毛ができます。

光脱毛と違い、レーザーや光による施術ではないため、タトゥーが入っている部分にも用いることができる方法です。

ただし、ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつに施術をするため時間がかかることや、痛みがかなり強いというデメリットがあります。電気を使うためやけどなどの肌トラブルが起こる可能性もあり、施術を受けるには検討を重ね、カウンセリングや医師への相談をしてから受けましょう。

ブラジリアンワックス

「ブラジリアンワックス」は、脱毛専用のワックスを肌に塗って時間をおき、ワックスと毛を一緒に剥がす脱毛方法です。塗って剥がすだけの手軽な脱毛方法ですが、痛みが強く、しばらくすると再びムダ毛が生えてくるのがデメリットです。

広範囲を一度に脱毛できることや、肌表面にある古い角質も一緒に落とせることなどメリットも多く、タトゥー部分の脱毛を希望しているけれど、ニードル脱毛を受けるのに抵抗があるという人に良いでしょう。

メリット、デメリットどちらもある方法ですが、毛抜きやカミソリを使った自己処理に比べると、比較的肌へのダメージも少なくおすすめの方法です。ワックスを剥がした後はしっかりとケアをすれば、すべすべな肌を長くキープできます。

脱毛はタトゥー前に済ませておく

脱毛はタトゥー前に済ませておく

タトゥーと脱毛、どちらの希望もある人は、タトゥーを入れる前に脱毛を済ませておくようにしましょう。すでにタトゥーを入れている人も、他のタトゥーが入っていない部分は通常通り脱毛施術を受けられます。タトゥーが小さい場合も、ほくろやシミをカバーする保護シールを貼るなどの対応をしてもらえるケースもあるため、カウンセリング時に相談するのがおすすめです。

基本的にはどの脱毛サロンやクリニックでも、タトゥーが入っている部分は脱毛ができません。いったんタトゥーを入れると後戻りはできなくなってしまうため、脱毛を優先させるのがおすすめです。脱毛は何度か施術を受けなければならないため早めにスタートしておき、ムダ毛が生えなくなったらタトゥーを入れると良いでしょう。

タトゥーがある場合の脱毛に関するよくある質問

タトゥーがあっても脱毛はできる?

タトゥーがあっても脱毛自体はできますが、基本的にはタトゥーを避けて脱毛を行います。タトゥー部分に毛が生えていたとしても、その部分は脱毛できません

タトゥー部分が脱毛できない理由は?

脱毛器の光は黒いもの(メラニン)に反応してしまうため、タトゥー部分に脱毛器を当てると熱を持ち、やけどを負うなどの肌トラブルが発生する可能性があるからです。

まとめ

タトゥーを入れているけれど脱毛したいという人は多いのではないでしょうか。しかし、安全性を考えるのはもちろん、せっかく入れたタトゥーのデザインが崩れてしまったり、色が変色してしまったりする可能性もあります。

タトゥーと脱毛、どちらも希望する人は、タトゥーの前に脱毛を済ませておくようにしましょう。また、痛みを伴うものの確実な効果を得られるニードル脱毛や、手軽にできるブラジリアンワックスなどの方法もあるため、すでにタトゥーを入れている人はそちらを検討してみましょう。
※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当店の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

関連リンク
人気記事

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン