脱毛コラム

顔脱毛でしみ・斑点は濃くなる?本当はしみ取り効果がある?

顔脱毛でしみ・斑点は濃くなる?本当はしみ取り効果がある?

よく見ると顔にびっしりと生えているムダ毛。つるつるな肌を手に入れるために顔脱毛を受ける人は多いものの、顔脱毛を受けるとしみや斑点が濃くなってしまうのではという不安の声もみられます。

顔脱毛を受けるとしみや斑点などは濃くなるのでしょうか。それとも、本当はしみ取り効果があるのでしょうか。顔のしみが気になって顔脱毛をためらっている人に向けて、詳しく解説します。

顔脱毛でしみ・斑点が増えることはない

顔脱毛を受けたからといって、しみや斑点が増えることはありません。顔脱毛を受ける前からもともとしみや斑点があったという人も、顔脱毛を受けたからといってしみが色濃くなるようなことはないため、安心して顔脱毛を受けましょう。

顔脱毛に使う機械の光や熱で、しみや斑点ができてしまうことはありません。しみや斑点ができるのは、紫外線を浴びたことにより、肌を守ろうとしてメラニンができるためです。顔脱毛を受けても、しみや斑点が増える原因となる紫外線を浴びたわけではないため、今以上にしみや斑点が増える心配はありません。

顔のムダ毛処理としみ・斑点の量を天秤にかけて迷っている人は多いものの、気にせず顔脱毛を受けられることを知っておきましょう。

顔にしみがあっても脱毛はできる

そもそも、顔にしみがある人は脱毛を受けられるのでしょうか?しみやそばかすがもともとある人は、脱毛を断られるのではないかというイメージがあります。

結論としては、顔にしみや斑点があっても顔脱毛を受けることは可能です。しみの種類によっては脱毛を受けられないケースもありますので、事前に確認されることをお勧めします。

脱毛の光はメラニンに反応する

脱毛に使う脱毛器からは、メラニン色素の黒い色に反応するレーザー(光)が放たれます。脱毛は、この光が毛の黒い色に反応し、熱を帯びて破壊するという仕組みです。日焼けをした人など、肌が黒い人は脱毛を断られるケースがあるのは、脱毛器の光が黒いものに反応するという理由からです。

ワキやVIOなど、体毛の中でも比較的太く黒々としている部分の脱毛で痛みを感じやすいのは、脱毛器の光によって熱を帯びやすいためです。

このように、脱毛は黒いメラニンに反応する仕組みを利用しています。そのため、ほくろのような濃い部分はやけどをしないように保護テープを貼って施術が行われますが、通常の薄いしみや斑点(そばかす)には特に保護をしなくても、そのまま施術を受けられます。

顔のしみが濃くなると言われている理由は?

顔にしみがあっても脱毛を受けることは可能ですが、しみや斑点のある状態で顔脱毛を受け、「顔のしみが濃くなった」という人が実際にいます。顔のしみに影響がないと言われている顔脱毛ですが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

一時的にメラニンが表層に出てくる

顔脱毛の際、しみや斑点のある部分に脱毛器を当てると、その部分のメラニンにも少なからず反応します。そして、肌のターンオーバー(生まれ変わり)とともに、奥から新しい細胞に押し出されて一時的にメラニンが表層に出てくるため、しみが濃くなったように見えます。

実際にしみや斑点自体が濃くなっているのではなく、脱毛を受けたことで肌が刺激され、ターンオーバーのサイクルが進んだために、しみや斑点が表に出てきたことが濃くなったように感じる理由です。濃くなった部分もそのまま定着するのではなく、肌細胞の生まれ変わりとともに徐々に薄くなっていきます。特に、顔脱毛を定期的に受けて肌に刺激を与えるとターンオーバーも促進されるため、しみや斑点が薄くなる傾向にあります。

脱毛後の処置を怠ったから

顔脱毛を受けたあとの肌は、日焼けや軽いやけどをしている状態と同じだと認識しておきましょう。この状態を放っておくと、肌にとって大きな負担がかかります。肌へのダメージを受けている状態で、じゅうぶんに保湿をしなかったり、炎症を抑える処置をしなかったりすると、ダメージが「色素沈着」という状態でそのまま残ってしまいます。。

すりむいた後の傷口が完全に肌色にならず、黒ずんだ状態になっている人は多いのではないでしょうか。これと同じ状態で、顔脱毛を受けたあとにじゅうぶんな処置をしないと、しみや斑点のように色素沈着が起こってしまいます。つまり、もともとあったしみや斑点が濃くなったのではなく、ケア不足によるものです。

顔脱毛にはしみ消し効果もある

顔脱毛を受けると、実は「しみ消し効果がある」と言われています。脱毛によってしみや斑点が濃くなるという声がある一方、実際にはしみ消し効果があると言われているのはなぜでしょうか。顔脱毛によるしみ消し効果について、その作用を詳しく解説します。

シミのメラニンにも作用するから

脱毛器の光はメラニン(黒い色)に反応しますが、これはムダ毛の色だけでなく、しみやそばかすにも言えることです。

皮膚科や美容クリニックで受けられる「しみ取り(しみ消し)」は、脱毛と似た仕組みです。しみやそばかすに届く波長の光を照射して、しみやそばかすを破壊します。照射した部分のしみは次第にかさぶたになって取れるほか、肌の奥にあったメラニンは破壊されて、貪食細胞と呼ばれる細胞に食べられてなくなります。

顔脱毛に用いる光と、しみ取りに用いる光は波長が異なっているものの、顔脱毛としみ取りは似た仕組みと言えるでしょう。そのため、脱毛器の光を浴びるとしみのメラニンに作用し、「しみ消し効果がある」と言われています。

顔脱毛は斑点があってもできる?

顔脱毛は斑点があってもできる?

顔脱毛を受けようとしたら、しみや斑点があるために断られてしまったという人もいます。顔脱毛はある程度のしみや斑点があっても施術を受けられますが、中には脱毛が受けられないケースもあります。

それは、「肝斑(かんぱん)」です。一見するとしみと変わらない肝斑ですが、そばかすや一般的なしみ(日光黒子)とは異なります。30代から40代にできやすく、淡い色のしみがもやもやとできているように見えるのが特徴です。

肝斑があるときに顔脱毛はNG

通常のしみ(日光黒子・老人性色素斑)や、そばかす(雀卵斑)は、よほど量が多かったり濃かったりしなければ、顔脱毛を受けることができます。しかし、肝斑は顔脱毛が受けられません。

しみやそばかすは顔脱毛による肌への刺激を受けると、メラニン色素が破壊されてしみが薄くなることがあります。しかし、肝斑は脱毛のように強い刺激を受けると悪化してしまうため、顔脱毛は受けられません。肝斑は内服薬(トラネキサム酸)によって治療するのが一般的です。

また、肝斑と通常のしみやそばかすが一緒にあらわれているケースもあります。自分のしみが肝斑かそれ以外かがわからない場合は、まずカウンセリングや医師の診察を受けて判断してもらいましょう。

そばかすやニキビ跡がある時の顔脱毛

そばかすやニキビ跡がある場合の顔脱毛は、基本的に施術してもらえます。ただし、ニキビが膿んでいたり、ひどい炎症を起こしたりしている場合、ニキビが広範囲にできている場合はその部分を避けて施術をしますが、程度によっては施術自体を断られることがあります。

すでに炎症がおさまったニキビ跡や、炎症を起こしていない初期段階のニキビは、その部分を避けることなく施術を受けられることもあるため、まずはカウンセリング時に相談してみましょう。

また、すでに炎症がおさまり、黒っぽくなったニキビ跡には脱毛が有効です。脱毛でしみや斑点が薄くなるのと同じ仕組みで、色素沈着を起こしたニキビ跡に脱毛器を当てると、ターンオーバーが促進されます。

顔脱毛のしみに関するよくある質問

顔脱毛でしみは増える?

顔脱毛でしみやそばかすが増えることはありません。肌が刺激されたことで、新しい肌細胞が生まれ、内側からしみ(メラニン)が肌表面に押し出されることで、一時的にしみが濃くなったように見えることはあります。

顔脱毛にしみ消し効果はある?

顔脱毛としみ消しの原理は同じため、脱毛の施術を受けるとしみ消し効果や美顔効果が得られることもあります。

まとめ

顔脱毛を受けてもしみやそばかすが濃くなることはなく、むしろしみが薄くなる可能性があります。ムダ毛をなくすとともに、肌の生まれ変わりを促進してくれる効果は、とても魅力的と言えるでしょう。

ただし、しみの種類が通常のしみ(日光黒子)やそばかす(雀卵斑)であることが条件です。ホルモンバランスの乱れなどによって起こる肝斑の場合は、顔脱毛を受けると肝斑が悪化してしまうため避けましょう。

まずは、自分のしみがどのような種類なのかを知り、適切に顔脱毛の施術を受けましょう。
※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当店の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

関連リンク
人気記事

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン