脱毛コラム

脱毛前後の飲酒を避けるべき理由と時間について

脱毛前後の飲酒を避けるべき理由と時間について

脱毛前後の飲み会の予定、1杯くらいなら大丈夫。なんて思っていませんか?脱毛は生理中にもできる?
実は脱毛と飲酒の時間がどのくらい空いているかによって、肌トラブルが起こる可能性も。
この記事では脱毛前後の飲酒がNGな理由、脱毛前後に飲酒した際の対処法など脱毛と飲酒に関する情報を詳しくお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

脱毛前後の飲酒がNGな理由

脱毛を受けると脱毛前後の飲酒は控えるように伝えられることがほとんどです。脱毛前後の飲酒がNGな理由をご存知でしょうか?それは、脱毛による肌トラブルのリスクを回避するためです。脱毛前後の飲酒がNGな理由を詳しく見ていきましょう。

炎症が起こりやすくなる

飲酒をすると体のほてりや肌に赤みを生じる方も多いのではないでしょうか。お酒を飲むと一般的に全身の血行が良くなり、体温が上昇します。脱毛当日に飲酒による肌の赤みがみられる場合は施術が断られるケースもあるので注意しましょう。赤みのある箇所に光やレーザーを照射するとやけどを負うリスクが非常に高いからです。脱毛前日の飲酒も肌に赤みが残ることもあるので控えるようにしましょう。

また、脱毛後の肌は照射ダメージで肌に熱がこもった状態になっています。そこで、飲酒をすると肌がさらに温まり、赤みなどの炎症を起こす恐れがあります。さらに、脱毛後すでに炎症を起こしていた箇所が悪化し、完治が長引くこともあるので注意が必要です。

痛みを感じやすくなる

お酒を飲むと利尿作用が働き、体内の水分が奪われていきます。そのため、飲酒後の肌は非常に乾燥しやすく肌のバリア機能も低下します。肌が乾燥している状態で脱毛を受けると、照射時に痛みを感じやすくなります。脱毛時に普段よりも強い痛みを感じ出力パワーを下げると十分な脱毛効果を得られなくなる恐れもあるので注意が必要です。

さらに、脱毛前や当日の飲酒は肌が敏感になることからも施術時に痛みを感じやすい傾向があります。血流の増加や体温が上がることで普段よりも敏感肌になりやすいからです。
また、脱毛後の肌は刺激に弱い状態になっています。飲酒によりさらに肌が敏感になると肌が荒れやすくなる、かゆみが生じるなどの肌トラブルの原因になり得るので注意しましょう。

脱毛の何時間前まで飲酒OK?

結論からお伝えすると、基本的に脱毛予約時間の12時間前まではお酒を飲むことができると言われています。ただ、アルコールが抜けるまでにかかる時間は個人差があることを覚えておきましょう。一般的には摂取後12時間でアルコールが抜けると言われています。しかし、12時間以上たっても二日酔いになっている場合は体内からアルコールが抜けていません。体内から完全にアルコールが抜けたかどうかを自分で確認することは不可能に近いです。先述の通り、アルコールが残った状態での脱毛はリスクが伴います。脱毛時の肌トラブルを避けるためにも、脱毛前の飲酒はできる限り控えたほうが好ましいでしょう。

脱毛後に飲酒が可能になる時間は?

<

基本的に脱毛後の飲酒は12時間後から可能だと言われています。ただ、脱毛後12時間以上経っても肌に赤みやかゆみなどの炎症を起こしている場合は飲酒を控えるようにしましょう。炎症が生じたままでお酒を飲むと、悪化して跡になる恐れもあります。あまりにも色素沈着がひどいと、その箇所の脱毛ができないケースもあるので注意が必要です。

また、施術から12時間経ち、肌に炎症が無いからと過度な飲酒をするのはNGです。急激に体温が上昇し、肌に熱がこもり赤みなどの肌トラブルを起こすことがあります。脱毛後の飲み会ではお酒とお冷を交互に飲むなどお酒を飲みすぎないよう工夫しましょう。

脱毛当日や脱毛前後に飲酒した際の対処方

脱毛当日や脱毛前後に飲酒した際の対処方

どんなに気を付けていても、「脱毛をうっかり忘れて脱毛前後12時間以内にお酒を飲んでしまった」なんてこともあるかと思います。では、脱毛前後に飲酒してしまった場合どのような対処法があるのでしょうか?脱毛前・当日と脱毛後の対処法をそれぞれ詳しく紹介します。

脱毛前・脱毛当日

脱毛前や脱毛当日にお酒を飲んでしまった場合は、まずはサロンやクリニックに連絡しましょう。「少量の飲酒でも施術が受けられない」と言われた場合は予約日の変更を行います。アルコールが抜けていれば脱毛を受けられるので、基本的に翌日以降には予約が可能です。ただ、お酒を飲んだ量やアルコールの抜け具合には個人差があります。万が一、アルコールが完全に抜けたか心配な場合は2、3日後に予約を取ると良いでしょう。アルコールによる予約日の変更は脱毛のスケジュールに大きな影響はないとわかりますね。

自己判断で施術を受けるか決めるのは絶対にNGです。脱毛時に肌トラブルが生じた場合途中で施術をやめなければいけません。そのため、十分な脱毛効果を得られないことも。さらに、脱毛後に赤みや炎症が起こった場合も対応してもらえない可能性があります。

脱毛後

脱毛後12時間以内に飲酒をしてしまった場合はサロンやクリニックにすぐに連絡をしましょう。脱毛後の肌は熱がこもっており、非常に敏感になっています。ですので、飲酒による体温上昇は大きな負担がかかり、肌トラブルの原因につながります。しばらくしてから赤みやかゆみなど炎症が起きることもあるので油断は禁物です。そのため、トラブルが起きる前に早めに連絡しておくと良いでしょう。

万が一数日経っても炎症が軽減しない場合は皮膚科など医療機関の受診をおすすめします。次回の脱毛に影響が出ないように適切な治療を受けて、早めに肌トラブルを治しておきましょう。

脱毛前後の飲酒は効果が下がる?

先ほど、脱毛前や当日の飲酒は脱毛時に痛みを感じやすくなるとお伝えしました。万が一、施術時に痛みが生じ、光やレーザーの出力を下げた場合、脱毛効果が軽減することがあります。また、脱毛後の飲酒により炎症が悪化し、跡が残った場合も注意が必要です。色素沈着がひどい箇所の施術ができず、十分な脱毛効果が得られない可能性も。

脱毛効果を低下させないためにも、リスクの高い脱毛前後の飲酒は控えるようにしましょう。

脱毛前や脱毛当日に飲み会の予定が入ったら?

「脱毛の予約日をすっかり忘れて、脱毛前や脱毛当日に飲み会の予定が入ってしまった。飲み会のキャンセルもできないし、どうしよう…」なんてこともあるかと思います。ここでは、脱毛前や脱毛当日に飲み会が入ってしまった際の対処法をお伝えしていきます。

脱毛の予約を変更する

飲み会の予定が脱毛前や当日に入ってしまった際は、すぐにサロンやクリニックに連絡をして脱毛の予約日を変更しましょう。予約日の変更が遅れてしまい、脱毛当日にキャンセルした場合1回分の施術消失などペナルティが発生するケースもあります。そのため、飲み会の予定が決まり脱毛前や当日に重なることが分かったら、できるだけ早めに予約日の変更をするようにしましょう。

ノンアルコールで楽しむ

脱毛前や当日の飲み会はお酒を我慢して、ノンアルコールで楽しむといった方法もあります。最近ではノンアルコールビールやカクテル、ワインなどノンアルコール飲料が充実しているお店も多いです。見た目が普通のお酒に似ていることがほとんどなので、場の雰囲気も壊すことなく飲み会を楽しく過ごせるのではないでしょうか。万全の体調で脱毛を受けられるように、飲み会であってもお酒は控えるように心がけましょう。

飲酒以外にも脱毛前後で注意すること

脱毛を受ける際、飲酒以外にも脱毛前後で注意して欲しい点がいくつかあります。肌トラブルを避けるためにも、脱毛前後の注意点をしっかりと理解しておきましょう。

肌の乾燥

脱毛中、とくに重要なのが肌の保湿。肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下してしまいます。そのため、脱毛時に痛みを感じやすくなる可能性も。さらに、脱毛器の照射に肌が耐えられず、やけどや赤みなどの炎症が生じることもあるので注意しましょう。
また、脱毛後の肌は脱毛器による熱ダメージで乾燥しやすくなっています。十分な量の化粧水やクリームで肌にしっかりと潤いを与えましょう。脱毛後、肌の乾燥を放置すると赤みやかゆみが発生することもあります。そのため、脱毛後肌に異常がないからと保湿を怠らずに、しっかりと潤いを与えることが大切です。

日焼け

脱毛中は万全な日焼け対策を心がけましょう。脱毛前に日焼けをして、あまりにも肌の色が黒くなってしまった場合、施術を断られる可能性もあります。肌の色が元に戻るまでは数カ月かかると言われています。脱毛完了までのスケジュールが大幅に遅れる原因になり得るので注意が必要です。

また、脱毛後の日焼けは肌トラブルにつながることもあります。脱毛後の肌は敏感な状態になっています。そこに、紫外線によるダメージが加わると、肌に大きな負担がかかり炎症が生じることも。肌を守るためにも日焼け止めをこまめに塗るなど、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

毛抜きやカミソリでの自己処理

脱毛中の自己処理は注意が必要です。とくに毛抜きによる自己処理は控えましょう。毛根ごとムダ毛を無理に引き抜くので、脱毛器が反応せず、十分な脱毛効果が得られない可能性も。その他にも、毛抜きでのお手入れは毛穴が開いたままになるので、雑菌が繁殖し毛嚢炎のリスクも高いです。

また、カミソリでの自己処理も注意しましょう。刃が肌にあたり出血などの肌トラブルが起こりやすくなります。あまりにも傷がひどい場合は施術を受けられないこともあります。 自己処理の際は肌への負担が少ない電気シェーバーの使用がおすすめです。

まとめ

肌トラブルを起こさないためにも、脱毛前後の飲酒は控えましょう。万が一、脱毛前後にお酒を飲んでしまった場合はすぐに予約の変更を行うことが大切です。自己判断で無理に施術を受けようとせずに、万全な状態で脱毛ができるようにしっかりと体を整えましょう。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当院の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン