脱毛コラム

脱毛は痛い?痛みが強い部位とは?

脱毛は痛い?痛みが強い部位とは?

脱毛をしようと思ったとき、特に気になるのが「脱毛の痛み」。
「脱毛は痛い」という声を聞いて、痛みが心配になる方も多いのではないでしょうか。
実は脱毛の痛みは脱毛部位や、脱毛方法によって異なることをご存知ですか?
この記事では脱毛で痛みを感じやすい部位や脱毛方法、さらには脱毛の痛みを軽減する方法についてお伝えしていきます。脱毛の痛みに不安のある方はぜひ参考にしてみてください。

脱毛は痛い?

脱毛の痛みは「輪ゴムで弾かれたような痛み」だと表現されることが多いです。その他にも「ピリッとした痛み」や「じわっとした熱い感じ」と言われることもあります。これらの痛みは長時間続くわけでなく脱毛の照射の際、瞬間的に感じることがほとんどです。
なぜ脱毛には痛みが生じるのでしょうか?ここでは脱毛が痛い理由を詳しくお伝えしていきます。

脱毛が痛い理由

脱毛が痛い理由は脱毛器の仕組みにあります。一般的に脱毛器のレーザーやライトはメラニン色素に反応して、特殊なエネルギーを照射し、毛根を生成する組織にダメージを与える仕組みになっています。照射時に発生する強い熱が毛根組織だけでなく、周辺の皮膚にも伝わるため、脱毛では痛みが起こります。ただ、美容脱毛は脱毛器の照射パワーが医療脱毛よりも低いことから、痛みを感じにくいと言われています。美容脱毛は痛みに弱い方でも安心して受けられるのだとわかりますね。このように、脱毛器の熱の高さで痛みの感じ方にも差があることを覚えておくと良いでしょう。
また、生理前、生理中は脱毛による痛みを特に感じやすいと言われています。それは、ホルモンバランスの乱れから皮膚が過剰に敏感になっているからです。その他に肌の乾燥も痛みの原因になるので気を付けましょう。肌が乾燥していると肌バリア機能が低下し、光や熱の吸収率が高まるため、照射時の痛みが強くなる恐れがあります。

脱毛の痛みが強い部位は?VIOは痛いって本当?

脱毛は部位ごとに痛みの感じ方が異なります。それは部位によって毛質や毛量が異なるからです。先に述べたように脱毛器は黒いもの(メラニン色素)に反応します。そのため、毛が濃く、密集している部位は特に脱毛器が反応し、強い熱を照射するため痛みが発生します。
その他に神経や血管が集中している部位や骨に近い部位は痛みがダイレクトに伝わるので痛みを感じやすいです。さらに、皮膚が薄い部位は刺激に敏感なので脱毛の痛みに強く反応する傾向があります。
また、「VIO脱毛が痛い」という声をよく耳にしませんか?確かにVIOは脱毛部位の中でも特に痛みを感じやすいです。VIOはしっかりした濃い毛が多く、皮膚も薄いデリケートな部位なので、うぶ毛など薄い毛が多い部位に比べると強い痛みを生じます。特にIラインは粘膜に近く、痛みに敏感な肌質なので施術時の痛みを感じる方が多いです。

脱毛の痛みを感じやすい人は?

脱毛の痛みは脱毛部位によって異なるとお伝えしましたが、脱毛の痛みを感じやすい人には特徴があることをご存知ですか?
個人差はありますが、脱毛の痛みを感じやすい人には「肌の色が黒い」「毛が濃い」「敏感肌」といった特徴があります。なぜ脱毛の痛みを感じやすいのでしょうか。ここではその理由を詳しくお伝えしていきます。

肌の色が黒い人

一般的に脱毛器はメラニン色素に反応するとお話ししましたが、肌の色が黒い人は肌表面の色素にも脱毛器の熱が反応することがあります。肌の色が黒いと脱毛器が毛根色素と表皮との識別ができなくなってしまうため、ライトやレーザーが皮膚の表面に照射され火傷や赤みが生じる恐れがあるので注意が必要です。ライトやレーザーの熱が肌に反応しやすいことから、肌の色が黒い人は脱毛の痛みを感じやすいと言われています。
万が一日焼けをして一時的に肌の色が黒い場合は、日焼けが治り肌の色が白くなるまで脱毛を控えるようにしましょう。

毛が濃い人

脱毛器は濃い毛に強く反応することから、毛が濃い人は脱毛の痛みを感じやすいと言われています。一般的に脱毛器はうぶ毛などの細い毛よりも、しっかりとした濃くて太い毛に強く反応し、より高い照射パワーを発生します。照射パワーが高くなるため、その分脱毛時に痛みを生じやすい傾向があります。ただ、毛の濃さには個人差がありますし、部位によっても異なるので、毛が濃さで痛みに不安がある方はカウンセリングでスタッフの方に相談してみることをおすすめします。

敏感肌の人

敏感肌の人は脱毛の痛みを感じる方が多いです。通常肌には保湿機能が備わっており、乾燥防止や外部からの刺激から肌を守るバリア機能が働いています。しかし、敏感肌の状態では皮膚のバリア機能が低下し、脱毛器の照射に肌が過剰に反応してしまうため痛みを感じやすいと言われています。
さらに、敏感肌は肌の水分を正常に保つことができなくなり、皮脂が少なくなるので乾燥しやすい状態になっています。そのため、敏感肌による乾燥は脱毛器の光や熱の吸収を高め、痛みを増加させる恐れがあるので注意が必要です。

脱毛の痛みは施術方法で異なる

脱毛の痛みは施術方法で異なる

脱毛の痛みは施術方法によっても異なります。ここではニードル脱毛、医療脱毛、美容脱毛それぞれの痛みについて解説していきます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とはその名の通り針を使用した施術方法です。細い針を毛穴一つひとつに刺して、電気を流すことで毛根に直接ダメージを与え、毛根を破壊して毛を生えなくする仕組みになっています。ニードル脱毛は1回の施術で高い効果を得ることができますが、かなり強い痛みを伴うことが特徴です。毛穴に針を刺すことも痛いのですが、特に電流を流す瞬間に強い痛みを感じると言われています。ニードル脱毛を体験した方の中には「皮膚の内側がピリッとする痛み」だと答える方もいます。ニードル脱毛を受けている方はその痛みの強さから麻酔を使用していることがほとんどだそうです。さらに、痛みだけでなく、1回の施術時間が長いこともあり、最近ではほとんどの方が美容脱毛や医療脱毛を選択している傾向があります。

医療脱毛

医療脱毛は皮膚にレーザーを照射することで毛根組織を破壊し、毛を生えにくくする施術方法です。医療脱毛レーザーの熱はなんと約250℃以上もあるそうです。ですから、照射時に周辺の皮膚にも熱が伝わり痛みを生じやすいと言われています。
医療脱毛は主に熱破壊式と蓄熱式があります。熱破壊式ではレーザーを照射すると、毛根に高い熱が伝わり、その熱のパワーで毛の根元の組織ごと破壊していく方法です。蓄熱式は毛根よりも浅いバルジ領域という部分のみを破壊のターゲットにしており、熱破壊式より低い照射パワーでムダ毛を減らしていきます。ですので、蓄熱式のほうが熱破壊式よりも痛みが少ないそうです。ただ、VIOなどの毛が濃くて太い部位は痛みを伴うことが多いので注意しましょう。

美容脱毛

美容脱毛は光を照射することで毛根組織にダメージを与え、ムダ毛を薄くしていく施術方法です。メラニン色素に反応するレーザー脱毛と同じ仕組みですが、照射パワーが異なります。美容脱毛の光の温度は約60~70℃であり、医療脱毛よりも低いパワーで照射しています。美容脱毛の光の強さは上限があるため、医療脱毛よりも脱毛の痛みはかなり軽減されます。個人差はありますが、美容脱毛は現在の脱毛方法の中で1番痛みが少ないと言われています。実際に、医療脱毛の痛みに耐えることができずに、美容脱毛に乗り換えたという方もよくいるそうです。

脱毛の痛みを軽減する3つの方法

残念ながら脱毛の痛みを完全になくすことはできません。ですが、ケアの仕方などを工夫することで脱毛の痛みをできるだけ軽減させることが可能です。ここでは、脱毛の痛みを抑える3つの方法を紹介していきます。

脱毛前のスキンケアをしっかりと行う

脱毛で痛みを感じやすいのは、乾燥やホルモンバランスの乱れなどで肌が敏感になっているときです。そのため、肌のコンディションをきちんと整えることで脱毛の痛みを軽減することができます。特に脱毛前のスキンケアで大切なのが保湿です。脱毛前は低刺激の化粧水や保湿クリームで肌に潤いを与えてあげましょう。水分の高い肌はバリア機能が高くなるので、脱毛の刺激を抑え、脱毛の痛みを抑制してくれます。ですので、脱毛前は普段よりも入念なスキンケアを心がけて、できるだけ脱毛の痛みを少なくできるように気を付けましょう。

脱毛部位を冷却する

脱毛部位を冷やすことで、照射時の熱を感じにくくすることができ、熱による肌へのダメージも抑えることができます。このように、脱毛部位の冷却は痛みの軽減だけでなく、肌トラブルのリスクを低下させることも可能になります。
ただ、その冷却方法はマシンに冷却機能がついている場合や、保冷剤、冷却ジェルなどで冷やす場合などサロンやクリニックで異なります。自分の行きたいサロンやクリニックがどの冷却方法を用いているのか、確認してみましょう。

笑気麻酔や麻酔クリームを使う

麻酔を使用して脱毛の痛みを抑えることができます。ただ、麻酔は脱毛クリニックでしか受けることができないので注意しましょう。主に脱毛では笑気麻酔と麻酔クリーム2種類の麻酔が用いられていることがほとんどです。笑気麻酔とは鼻から麻酔のガスを吸いこむ方法で、お酒に酔った時のような感覚になるのが特徴です。成分は亜酸化窒素と酸素でほとんど副作用はないと言われています。そして、麻酔クリームは脱毛箇所に塗り込む麻酔薬です。塗ってから30分ほどで照射時の痛みを軽減することができます。

まとめ

今回は脱毛の痛みの原因や痛みを感じやすい部位、痛みを軽減する方法についてご紹介しました。脱毛の痛みは保湿や脱毛部位の冷却などで和らげることも可能ですが、特に痛みを感じにくい脱毛方法は美容脱毛です。個人差はありますが、美容脱毛は少ない刺激で脱毛効果を得ることができます。痛みに弱い方、脱毛の痛みに不安のある方は美容脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当店の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

無料カウンセリングはコチラから

マイページログイン