コラム

脱毛は乾燥肌・敏感肌でもできる?

脱毛は乾燥肌・敏感肌でもできる?

乾燥肌・敏感肌だから脱毛を受けられるか心配…と不安になっていませんか?乾燥肌・敏感肌であっても施術を受けることはできるのでしょうか? 今回は乾燥肌・敏感肌も脱毛ができるのかについてお伝えしていきます。さらに、乾燥肌・敏感肌の方が脱毛を受ける際の注意点や脱毛後の正しいアフターケアも紹介します。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

乾燥肌・敏感肌とは?

そもそも乾燥肌・敏感肌の違いをご存知でしょうか?ここでは乾燥肌・敏感肌について詳しくお伝えします。まず初めに「乾燥肌」についてです。乾燥肌とは文字通り肌の水分や脂質が不足して潤いが無くなっている状態です。通常、表皮の一番外側にある角質層にはバリア機能があり、肌の水分を保ち蒸散を防ぐとともに刺激から肌を守っています。このバリア機能が低下すると肌の水分量が減少し、乾燥肌をもたらすと言われています。
次に「敏感肌」についてです。敏感肌とは肌のバリア機能が低下し、紫外線、化粧品や外気中のほこりなど少しの刺激にも反応して赤みが出たり、荒れたりしやすい肌状態のことを指します。ストレスや睡眠不足、食生活の乱れ、間違ったスキンケアなど様々な原因で起こると言われています。乾燥肌・敏感肌を少しでも改善するために、しっかりとした保湿ケアを心がけて肌のバリア機能を高めましょう。

脱毛は乾燥肌・敏感肌でもできる?

乾燥肌や敏感肌だと肌への刺激に弱いので脱毛ができるか心配…という方も多いです。乾燥肌や敏感肌の方も脱毛を受けることはできるのでしょうか?ここでは、乾燥肌・敏感肌向けの脱毛方法をお伝えしていきます。

乾燥肌・敏感肌の自己処理はNG!

肌を出す季節になると、綺麗な肌を保つためにもムダ毛の処理は欠かせませんよね。カミソリや毛抜きで自己処理をする方は多いのではないでしょうか。カミソリなどを用いた自己処理は費用が安く、手間もかからないので簡単にムダ毛処理ができます。ですが、乾燥肌・敏感肌の方は特に自己処理を控えたほうが良いでしょう。
カミソリによる自己処理は広範囲でムダ毛を処理することができますが、その分肌を傷つけてしまう可能性があります。さらに、肌のバリア機能の役目を果たしている角質層も傷ついてしまうので注意が必要です。肌の水分量が急激に減少し、乾燥肌を悪化させる原因にもなってしまいます。
また、毛抜きを使うと、毛穴を無理やり広げながら毛を抜いていくため、次に生えてくる毛が再生する皮膚にふさがれてしまう可能性が高いです。皮膚内に毛が埋まってしまうと、「埋没毛」を引き起こす、ポツポツ毛穴が発生するなどの肌トラブルが生じます。さらに、毛穴に雑菌が入り込んでしまい、炎症などが起こる恐れもあります。
この様に、自己処理は様々な肌トラブルの恐れがあり、乾燥肌や敏感肌の方はよりリスクが高くなりやすいので注意しましょう。

乾燥肌・敏感肌には美容脱毛がおすすめ

乾燥肌や敏感肌には肌への負担が低い美容脱毛がおすすめです。脱毛によるダメージで肌の乾燥を懸念する方も多いですが、美容脱毛は肌の乾燥を防ぎながら脱毛することが可能だと言われています。美容脱毛では乾燥から肌を守るために、施術前にジェルを塗るサービスを提供しているサロンもあります。ただ、ジェルを付けて、拭いてといった動作を繰り返すとなると施術時間が長くなりそうだな…と不安に思った方はいませんか?そんな方には脱毛後に保湿成分の高いローションを塗ってくれるサロンがおすすめです。これなら施術前のジェルを付けて、拭くといった時間を短縮でき、脱毛後の乾燥も速やかに防ぐことができるので安心ですね。
その他に美容脱毛は痛みが少ないというメリットもあります。美容脱毛は医療脱毛よりも低いパワーで照射していくので痛みを感じにくい傾向があります。特に肌が弱い方は痛みを感じやすく、炎症など肌トラブルを起こす可能性も高いです。そのため、乾燥肌や敏感肌で脱毛する際は乾燥を軽減することができ、痛みも少ない美容脱毛をおすすめします。

脱毛時の注意点

脱毛は乾燥肌・敏感肌でも施術を受けることができますが、肌が炎症を起こしている場合や出血、膿んでいるといった症状がみられる際は脱毛を受けることができないこともあるので注意しましょう。もちろん症状のない部分の脱毛はできるので、炎症などの症状のある部分を避けて脱毛していくことがほとんどです。ただ、肌が出血しているなど、ひどく症状が出ている状態は肌トラブルのリスクが高いので脱毛は控えましょう。安全に施術が受けられるためにも、肌の状態が落ち着いてからの脱毛をおすすめします。万が一自分の肌が脱毛できるかどうか心配な場合はカウンセリング時にスタッフの方に相談してみると良いでしょう。

脱毛期間中は保湿ケアが大切

脱毛期間中は保湿ケアが大切

脱毛期間中の保湿ケアがとても重要だということをご存知でしょうか?特に乾燥肌・敏感肌の方は保湿することでより脱毛を受けやすくなると言われています。では保湿ケアをすることで、乾燥肌・敏感肌にどのようなメリットがあるのでしょうか?また、保湿をしないとどうなるのでしょうか?ここでは、保湿ケアについて詳しくお伝えしていきます。

保湿ケアのメリット

乾燥肌・敏感肌の方は特に脱毛による刺激を抑えて、肌トラブルのリスクを回避したいところですよね。そのためにも、脱毛期間中の保湿ケアを心がけましょう。
脱毛期間中に保湿ケアをすると照射時の痛みを軽減させ、肌トラブルリスクを下げるというメリットがあります。脱毛による痛みや肌トラブルの原因のほとんどは肌の水分量の低下だと言われています。水分量の少ない肌はバリア機能が低下し、脱毛の刺激を受けやすい状態になっています。一方、保湿ケアをしっかりと行った肌は水分量が多く、バリア機能も高いので、脱毛による刺激から肌を守ることができます。その他に、十分な潤いがある肌には脱毛効果を高めることも期待されています。このようにしっかりとした保湿ケアを行うと大きなメリットを得られることがわかりますね。

保湿をしないとどうなる?

脱毛期間中の保湿を怠ると様々なデメリットがあるので注意しましょう。脱毛前に肌が保湿されていないと脱毛器の熱に肌が過剰に反応し、強い痛みややけどなどの炎症を引き起こす恐れがあります。また、脱毛後も乾燥した状態が続くと、赤みや炎症などの他に「埋没毛」も引き起こす可能性もあるので注意が必要です。肌が乾燥することで肌の表面にある角質が厚くなり、ムダ毛が皮膚の下に埋まる埋没毛のリスクも高まります。せっかく脱毛をしても皮膚の下にムダ毛が残ってしまうのは残念ですよね。このような肌トラブルを避けるためにも、脱毛期間中の保湿をしっかりと行いましょう。

部位ごとの正しい保湿ケアを紹介

乾燥肌・敏感肌の方は特に入念な保湿ケアが大切になります。ですが、保湿ケアの方法は部位によって少し異なることをご存知でしょうか?
ここでは部位ごとの正しい保湿方法や注意点についてお伝えしていきます。

顔の皮膚は身体の部位と比べてデリケートなので、しっかりと保湿をしましょう。脱毛後の肌はより敏感になっているので、まずは低刺激の化粧水や美容液を用いて水分を与えましょう。そして、化粧水などでしっかりと水分を導入した後は、乳液やクリームで油分を補給し、保湿していきます。それでも、肌に乾燥を感じた場合は保湿パックを試してみると良いでしょう。肌に多量の水分を与えてくれるので、脱毛による乾燥を防いでくれます。ただ、保湿パックは長時間使用すると肌に負担がかかってしまう恐れがあるので、使用時間の目安をきちんと守ることが大切です。

ボディ

身体は伸びの良い保湿クリームやローションを用いて、たっぷりと隅々まで塗りましょう。乾燥肌の方はしっかりと潤いを肌に与え、閉じ込める高保湿の保湿剤がおすすめです。敏感肌の方は無添加の材料のみでつくられたものなど低刺激の保湿剤を使用しましょう。
また、ひじやひざなどの特に乾燥しやすい箇所は、2度塗りをすることで保湿効果がより高まるのでおすすめです。

VIO

VIOはデリケートな部位なので、低刺激の化粧水や無添加ローションなど肌に優しいものでケアをしましょう。低刺激の保湿剤はアルコールフリーで香料やパラベンなどの不要なものが入っていないことが特徴です。また、ローションやクリームなど油分が多いものを使用する際は少なめに塗るようにしましょう。デリケートゾーンは特に蒸れやすいので、油分が酸化してかゆみなどの炎症を引き起こす恐れがあります。

脱毛後、保湿以外に注意すること

脱毛後は身体を温める行為を控えるようにしましょう。脱毛後の肌は照射のダメージにより、熱を帯びた状態になっています。ですので、運動や入浴、飲酒などの行為は身体の熱を上げ、赤みやかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性を高めてしまいます。脱毛当日は入浴を控え、ぬるめのシャワーを浴びることをおすすめします。また、軽い運動であれば問題なくできますが、汗をかくような激しい運動は避けたほうが好ましいです。
その他に、脱毛後は日焼けにも注意をしましょう。脱毛後の肌は先述の通りデリケートな状態になっています。ですから、脱毛後に日焼けをするとヒリヒリ感や痛みを強める恐れがあります。そのため、脱毛を受ける日は日傘や帽子などの日よけグッズを持っていくことがおすすめです。乾燥肌・敏感肌の方はもちろん、肌トラブルのない方も脱毛を受けた直後から2~3日はできるだけ肌への負担を抑えるように気を付けましょう。

まとめ

乾燥肌・敏感肌の方には肌への負担が少ない美容脱毛がおすすめです。美容脱毛は痛みが少なく、脱毛による乾燥を軽減してくれるサービスが整っているので、肌が弱い方も安心して施術を受けることができます。乾燥肌・敏感肌で脱毛に興味のある方は、ぜひ1度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当店の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

関連リンク
人気記事